久しぶりの再会

 先日,友人から「最近,クラス会が流行っているんだよ」という話を聞きました.彼女も少し前にクラス会があって,ちょっぴりおめかしして出掛けたそうです.
 それから,しばらくもしないうちに,なつかしい声の電話を受けました.「中学の同級生で久しぶりにあつまろうよ」というもの.ちょうど,実家に行こうかと考えていたところだったので(なんてタイムリー!)出席しました.
 ちょっとドキドキしながら会場の戸を開けると・・・,
なつかしい顔,顔・・・
 だれかが到着するたびに,歓声があがり,口々に名前を呼び合ったり.
 私が育ったまちは山間の田舎なので,高校または大学進学時,就職時にまちを離れる子がとても多いのです.中学卒業以来,いわゆる正式な(担任の先生を招待したりする)同級会は開かれていませんでした.なつかしい友たちは20名ほど集まりました.中学卒業以来,または成人式以来に出会う子がほとんどです.就職してから,または結婚してからまちに戻ってきている子たちもいて,なんだかうれしかったです.
 不思議なことに,時間の隔たりはほとんど感じません.でも,担任の先生をすぐには思い出せないなんて子もいました(それって私?).
 小学校時代から,さんざん一緒にいたずらをして,先生にしかられてばかりいた仲間たちも,いまやしっかりしたお父さんやお母さんになっています.
 話がはずんで,時間がたつのも忘れるほど.
 久しぶりに,なつかしくあたたかい時間をもつことができました.
[PR]
by pukupukun | 2005-07-11 21:15 | 日々のつぶやき
<< たまねぎ♪ことこと♪ 「テンペ」の餃子 >>