いないいないばぁ

 子どもの頃や,いとこが小さかったときには,とても身近だった「いないいないばぁ」.それから後は,私の日常からは姿を消していました.将来,子どもを授かることになれば,「いないいないばぁ」の日々がやってくるかもしれませんが・・・.
 さて,最近急に「いないいないばぁ」が身近になったのです.

 しばらく前に,ひとりで新幹線に乗ったとき,前の座席にかわいらしい女の子がふたり,家族と乗っていました.退屈していたのか,振り返って,自分の座席に隠れたり顔を見せたりしながら,笑っています.ついついこちらもつられて,しばらく「いないいないばぁ」につきあいました.子どもってどうしてあんなに「いないいないばぁ」が好きなんでしょう!永遠に続くのではないかとちょっと心配になりました.

 先日数人でランチにいったときのこと.隣のテーブルにかわいらしい男の子と女性ふたり(多分ひとりはお母さん)が食事中でした.おとなが何か話し込んでいるようで,男の子はちょっぴり退屈しているようでした.ふと,彼と目が合うと,ちいさな動作で「いないいないばぁ」.ついつい私もつられてしまいました.たいくつそうだったのに,急に笑顔になりましたよ.

 最後は・・・,くるくるとした目がチャーミングな近所のねこです.朝,出掛けようとするとき,帰ってきたとき,よく階段の踊り場でゆるゆるしているんです.ちょっと話しかけた後,立ち去ろうとすると少し遅れてついてくるんです.ちょうど半階遅れというか・・・.振り返ると,階段の手すりの土台のコンクリートから,顔半分だけだして見ています.いったん前を見て,また振り返ると,動きを止めて,またのぞき見.そんなことが何度も続いたりして,結構おもしろいです.ねこと「いないいないばぁ」をするなんて.最近のちょっとした楽しみです.ねこを飼ったことはないので,もしかしたらこれって普通のことなのかもしれませんが.

 「いないいないばぁ」をすると,日々のちょっとしたいやなことも忘れてしまえそうな気がします.おとなになってから,ぎすぎすしすぎていたのでしょうか.
[PR]
by pukupukun | 2005-07-13 21:10 | 日々のつぶやき
<< たまねぎスープのその後 たまねぎ♪ことこと♪ >>