鬼まんじゅう

 さつまいものおいしい季節にぜひ食べたいおやつ.それは,「鬼まんじゅう」です.どうも,全国にあるのではなく,東海地方のお菓子のようです.さつまいも入りの蒸しパンとも違って,もちもちしています.
c0072640_1601446.jpg
 通常は,さいの目に切ったさつまいもに,三温糖などの砂糖をまぶして,水分を呼び,そこに小麦粉と米粉などを加えて混ぜ,蒸してつくります.以前は,黒糖を使ったりしてつくっていました.

 砂糖を使わずにつくりたかったので,「玄米甘酒」を使いました(市販のもので,うすめて使うタイプのものです).甘みは十分なのですが,なかなかさつまいもから水分があがってきませんでした.少々水も加え,玄米粉と地粉を半々くらいにあわせ,混ぜ込みました.あとは,蒸し器でほかほかに蒸します.

 できたてのあつあつをいただきました.甘酒のかおりがほのかにして,さつまいももほくほくで,生地はもちもちでした.
 あつあつでも,冷めてもおいしい「鬼まんじゅう」.
 秋の定番おやつにしようかしら.
[PR]
by pukupukun | 2005-11-27 16:18 | 季節
<< 蕎麦猪口おやつシリーズ 11&12 「おにぎり」と「おむすび」 >>