「芽ひじき」と「長ひじき」

 先日,「長ひじき」をわけてもらいました.
c0072640_11442769.jpg

 さっそく,いただきました.写真がちょっとくもっているのはほわほわとたちのぼる湯気です.
 れんこん,にんじん,ぶなしめじ,揚げと一緒に炊きました.

 実は,いつも食べるのは「芽ひじき」だったんです.にんじん,ごぼうなどを細かく刻んで,大豆と一緒に炊いて「ひじき豆」にすることが多く,全体的に素材が細かい仕上がりで,歯ごたえも気に入っていました.ほかには,さっとゆでて,その時々の野菜や豆とサラダにしたり.
 今回,すすめられた「長ひじき」を炊いてみると,ほくほく,もちもちしているのです.戻すのに少々時間がかかりますが(今までこの点もあって,ついつい芽ひじきを選んでいたのだと思います),とまらいほどおいしいのです.わけてもらった「長ひじき」は,個人生産者が丁寧につくっている上質なもので,お値段を見てびっくりでしたが,食べてみて納得です.
 
 知っているようで知らない食材との出会いがあって,食の楽しみが広がっていくのはうれしいことです.これからは,「芽ひじき」と「長ひじき」,それぞれの特徴を生かす料理ができるようになりたいです.
[PR]
by pukupukun | 2005-12-16 11:58 | おいしい!
<< 「食と私」 蕎麦猪口おやつシリーズ 14&15 >>