<   2005年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

オーガニック&ヴェジタリアン

 私は,表題にあるような「ヴェジタリアン」ではありません.ひとつ前の記事のように,「土用の丑の日」には,しっかり鰻もいただきました.
 最近は,「マクロビオティック」にもちょっと興味を持って,本をぱらぱらめくったりしています.完全に移行する予定はありませんが,できるだけからだに良い食生活をしたいと考えています.
c0072640_15435178.jpg
 現在,心がけているのは・・・
 1. 玄米などの穀類
 2. 旬の野菜
 3. 大豆または大豆製品
 4. 海草
を毎日(できたら毎食)とること,です.
 そして,できるだけオーガニックのものを手に入れるようにしています.

 以前は,毎日,肉や魚を食べていましたが,最近は,それほど必要ではないと思うようになりました.心と身体が欲したとき,リクエストがあったとき,それから旬の新鮮な魚をみつけたとき,適量をいただくことにしました.昨日も,新物の秋刀魚をおさしみでいただきました.

 今年は,なぜか自家製の野菜のいただきものが多く,とってもうれしいです!
 上の写真もいただきものです.とれたてプリプリ.

しばらく前に行った,オーガニック&ヴェジタリアンカフェで・・・
[PR]
by pukupukun | 2005-07-30 15:52 | おいしい!

土用の丑

 今日は「土用の丑」の日です.きちんとしたいわれは知らなくても「うなぎ」が連想されます.いつもは,特別この日にうなぎを食べることもないのですが,今年はおいしいうなぎ屋で,「鰻丼」を食べてきました.
 「鰻丼」の蒲焼きにもいろいろあるようです.私が今日食べたのは(写真がないですが・・・)

腹開き・切ってから串に刺す・炭火で素焼き+たれ焼

でした.こんがり,香ばしくておいしかったです!
 
 私はまだ食べたことがありませんが,関東では調理過程に 蒸し がはいるのだそうですね.ちょっと想像できません.ふわふわになるのでしょうか.

 まだまだこれから暑くなります.心も身体も健康で,心地よくすごせますように!
[PR]
by pukupukun | 2005-07-28 22:12 | 季節

 今日は,台風が直撃するかとちょっとひやひやしていました.
 夕方,雨がぱらつき,空を見上げると・・・
c0072640_20244539.jpg
 虹がでていました.

 なんだかとってもうれしく,車をとめて,写真を撮りました.
 でも,虹の写真を撮るのは難しい.なかなかうまく写せません.

 虹をみつけたとき,流れ星をみつけたとき,子どもの頃も,今も同じようにとってもうれしい.そして,近くにいる誰かに言いたくなります.

 しばらくしたら,虹もすぅ〜っと消えてしまいました.

 虹をみつけて,なにか良いことがありそうな気分になりました.

ところで,台風一過って・・・
[PR]
by pukupukun | 2005-07-26 20:51 | 日々のつぶやき

コロコロ♪ ころころ♪

            さて,なんでしょう? 

c0072640_10403430.jpg

 木彫りのカエル.真っ正面からです.口に棒をくわえています.

c0072640_1042978.jpg

 実は,かわいらしい楽器なのです.
 棒を持って,カエルの背中のギザギザをなであげると

コロコロ♪ ころころ♪ コロコロ♪ ころころ♪

 とってもかわいらしい音がします!
 
 この木彫りのかえるのふるさと,マレーシアでは,同じような声のカエルが実際にいるのだそうです.

 手の上にのせて,コロコロ♪していると,心地よい響きに心もなごんできます.

 いつか,この木彫りのモデルとなったカエルにも会ってみたいです.
[PR]
by pukupukun | 2005-07-23 10:59 | 季節

桃 ♪

 旬のお野菜,ときたらやっぱり次は,旬のくだものでしょう.

c0072640_2231622.jpg


 いただきもののです!

 うぶ毛もきめ細かで,するすると皮がむけました.
 これからしばらく毎日桃をいただけるなんて,本当にうれしいかぎりです.実は,この写真よりもっとたくさんあるんです・・・.ふふふ.

 子どもの頃から,桃はとても好きなくだものです.かたちも色も,もちろん味も.眺めているだけでもちょっとうれしい気分になります.

 子どもの頃,庭の片隅に,桃の木がありました.挿し木から大きく育ちました.はじめて桃が実ったときには,本当にうれしかったことをおもいだしました.見よう見まねで桃に袋をかけてみたりして,わくわくしました.ちょっとこぶりの桃,ぎゅっとつまったおいしさだったような気がします.

 季節のくだもので,涼としあわせを感じることができます.
[PR]
by pukupukun | 2005-07-21 22:19 | 季節

旬のお野菜

梅雨があけて,季節はまさに夏.毎日,本当に暑いです.世間の子どもたちも,夏休みです.

 c0072640_2250158.jpg


夏野菜をいただきました.
家庭菜園で大切に育てられた野菜たちです.
こちらは,その中のほんの一部です.

みずみずしくて,どれもとってもおいしい.




子どもの頃,夏休みには

なすきゅうりトマトピーマン

が,毎日のように食卓にのぼりました.
ほぼ毎回,畑から直行でしたから,新鮮でおいしかったです.同じ素材なんだけれど,毎日違った調理法で楽しめたなあ・・・と思い出しました.
 
私もその当時のことを思い出しながら,いろいろ作ってみるのですが,なかなか母の味には近付けないものもあります.まだまだ修行が足りません.
母の味に追いつく努力をしつつ,新しい味にも挑戦していきたいです.
[PR]
by pukupukun | 2005-07-20 23:07 | 季節

空港探索,ふたたび.

 中部国際空港に再び行く機会ができました.今回は,ぜひいってみたい施設がありましたので,ちょっとわくわくしています.

c0072640_11134024.jpg

 空港の裏側です.釣りをしている人を見かけました.写真では小さすぎてわかりません.



c0072640_11223769.jpg


 洋のゾーン「れんが通り」の一角に噴水がありました.天使たちがちょこんと腰掛けています.あまり足を止める人はいないようですが,お行儀よく座っていて結構かわいいです.

 


 前回きたときから気になっていたところへ,

そろそろ行ってみましょう!
[PR]
by pukupukun | 2005-07-18 14:52 | たび

冷房問題

 この季節になると,あちこちで冷房問題がでてきます.
 ずいぶん前から,亜熱帯の気候になる真夏の日本でネクタイと上着を着込んだ男と人たちが仕事をしている姿に疑問を抱いていました.ここのところ話題にもぼる「クールビズ」というのも,ネーミングの議論は別として,季節にあわせた衣装をまとうことは大切だと思います.職場の冷房が男性にあわせて非常識な温度設定になってしまうのを防ぐこともできるはずですから.
 ところが,たいていどこにいっても,ちょっと低すぎる温度設定になっていると感じます.これでは体調を崩してしまいますね.激しい温度差でも,男の人は平気なのでしょうか.
 もっと身近にくると,自宅での冷房も,意見の相違が・・・.どうも女性と男性では体感温度が違うのか,スイッチを入れるタイミングと温度設定に違いがあります.男の人の方が暑がりなのでしょうか.友人たちの話を聞いてもたいてい夏には同様の悩みがあるようです.
 私は,冷房が苦手なのです.汗を流してでも,自然の風に吹かれながらすごす方がずっと快適です.身体が夏仕様に変わってくれているのかもしれません.冬は,暖房を効かせすぎるよりも,そこそそこ寒いくらいでも快適です.仕事も進みます(進んでいるはず).
 本来の日本の木造の家は,日本の気候にとてもよくあう造りになっていると思います.今のように,コンクリートのマンションやアパート住まいの人が多いとそのすばらしさを実感することもなかなかできませんが.実家に行くと,季節季節で快適にすごせる日本建築のすばらしさを実感します.もちろん,エアコンなんて全く必要ありません.
 今のところ,自分たちの木造の家をもつ予定はたちませんが,将来は木造の家で,夏は昔ながらの蚊帳をつって涼しく眠りたいです.
[PR]
by pukupukun | 2005-07-17 09:18 | 季節

たまねぎスープのその後

 たっぷりつくったたまねぎのスープ.やわらかくやさしいたまねぎとスープを楽しんだ後,ちょっとアレンジしました.

c0072640_2313442.jpg
その1: 野菜たっぷりスープ

 たまねぎを生かしつつ,他の野菜もいただきたかったので,スープにいれて一緒に炊きました.
 こちらも,とってもやさしい味です.スパイスは何も加えませんでした.


c0072640_23165539.jpg
その2: 夏野菜カレー

 ちょっとアレンジしすぎかしら.
 ほろりとくずれるほどやわらかい野菜に,スパイスとココナツミルクをくわえてことこと煮込みました.うえから蕎麦茶をふりかけて.

 季節の野菜のちからをたっぷりいただいたような気がします.
[PR]
by pukupukun | 2005-07-14 23:26 | おいしい!

いないいないばぁ

 子どもの頃や,いとこが小さかったときには,とても身近だった「いないいないばぁ」.それから後は,私の日常からは姿を消していました.将来,子どもを授かることになれば,「いないいないばぁ」の日々がやってくるかもしれませんが・・・.
 さて,最近急に「いないいないばぁ」が身近になったのです.

 しばらく前に,ひとりで新幹線に乗ったとき,前の座席にかわいらしい女の子がふたり,家族と乗っていました.退屈していたのか,振り返って,自分の座席に隠れたり顔を見せたりしながら,笑っています.ついついこちらもつられて,しばらく「いないいないばぁ」につきあいました.子どもってどうしてあんなに「いないいないばぁ」が好きなんでしょう!永遠に続くのではないかとちょっと心配になりました.

 先日数人でランチにいったときのこと.隣のテーブルにかわいらしい男の子と女性ふたり(多分ひとりはお母さん)が食事中でした.おとなが何か話し込んでいるようで,男の子はちょっぴり退屈しているようでした.ふと,彼と目が合うと,ちいさな動作で「いないいないばぁ」.ついつい私もつられてしまいました.たいくつそうだったのに,急に笑顔になりましたよ.

 最後は・・・,くるくるとした目がチャーミングな近所のねこです.朝,出掛けようとするとき,帰ってきたとき,よく階段の踊り場でゆるゆるしているんです.ちょっと話しかけた後,立ち去ろうとすると少し遅れてついてくるんです.ちょうど半階遅れというか・・・.振り返ると,階段の手すりの土台のコンクリートから,顔半分だけだして見ています.いったん前を見て,また振り返ると,動きを止めて,またのぞき見.そんなことが何度も続いたりして,結構おもしろいです.ねこと「いないいないばぁ」をするなんて.最近のちょっとした楽しみです.ねこを飼ったことはないので,もしかしたらこれって普通のことなのかもしれませんが.

 「いないいないばぁ」をすると,日々のちょっとしたいやなことも忘れてしまえそうな気がします.おとなになってから,ぎすぎすしすぎていたのでしょうか.
[PR]
by pukupukun | 2005-07-13 21:10 | 日々のつぶやき